流行と収納で決める

流行りで判断

流行りに左右されないデザインの服もありますが、中には流行的なデザインもたくさんあります。
その場合、判断はとても簡単です。
今流行っているデザインの服や靴などを来年の今頃も着用するでしょうか?
もちろんコーディネート次第では着られる服などもたくさんありますが、パンツなどアレンジ使用のない、そして流行りのデザインである場合には翌年も着る可能性はとても低いといえます。
来年まで待ってみてもいいですが、2年着ない服は捨てても後悔することはないと考えてよいでしょう。
「流行は繰り返すし、いつか着るかも」と思っていても今流行っているトレンドが再び流行るのは早くても10年後くらい先の事になるでしょう。
とっておいたところで、その流行が再び戻ってきたとき、その服の状態はおそらく虫食いに合っていたり、シミが出てきたりと着られる状態でない確率の方が高いでしょう。

クローゼットに合わせて断捨離

クローゼットやタンスの大きさから断捨離するのもよいでしょう。
部屋に服やバッグなどを収納するスペースを増やすのではなく、今、既にある収納スペースに入らないのであれば入るだけの量に減らすことで、部屋が片付くだけでなく、必然的に断捨離をすることができます。
例えばクローゼットに使うハンガーの数を増やさない。
これは女優の北川景子さんの方法ですが、ハンガー数を増やさず、服を1着買ったらハンガーにかかっている1着を捨てるのだそう。
断捨離が苦手な人の多くは1着買ってかける場所がなければ1つハンガーを増やす方法を選んでいると思います。
しかしハンガーを買う時、1つだけでなくまとめて数個、買う方も多いのではないでしょうか。
そうなるともう止まりません。
服は増える一方です。
タンスの場合もタンスに入りきらないのなら、入っているもののなかからいくつか捨ててスペースを作る。
効率がよさそうな方法です。


みんなにシェア

B!